未来は考えたとおりにはならない~

コロナ禍の収束が見通せないなか、「年明けにはこんなこと、夢にも思わなかった…」と感じつつ、春の嵐を眺めております。緊急時代宣言発令からほぼ1週間が経ちました。 

昨年の大型台風の記憶はまだ新しく、南海トラフ地震のことも不安。そして今年もまた、台風はやってくるでしょう。

と、災害列島日本ですが、婚活に興味をお持ちの方に、私がよくお伝えしているのが「婚活は、防災訓練と思ったら、いかがでしょうか?」ということ。

結婚=災害なの!?と誤解しないでくださいね。

ただ、シングルの方がよく口にされるのが、「ひとりは気楽だから…」「誰かと暮らすなんて考えられない」「こんな年齢で今さら…」といった感じのもの。

親御さんですと「あの子はその気はなさそうだし」「あの子の人生だから言えないし」というもの。

しかし本当にそうなのでしょうか?

暗雲


突然、結婚したくなる時に備えましょう

「結婚」というものを、あまりに人生の一大事!と考えすぎると力みが入ります。そうすると「うかつに何かできない…」と思ってしまいがち。

もちろん「結婚をする・しない」は、最終的には個々人の判断に委ねられていくもの。

私は「結婚してよかったな~」と感じたので、人にお伝えすることに使命感を持ちますが、あくまで、自分の幸せのカタチは、自分で決めるものだと思っています。

ただ、あなたの今の気もちは、1年後もそのままでないかもしれません。

そよ風ほどの「結婚したい…」が、ある日突然、嵐のごとく「あーやっぱり結婚しよう!」となるかもです。

そんな時に、それまでに少しでも準備をしていたかどうか。そうすれば、すぐに行動に移すことができるのです。

突然に襲われる気もちの変化に備えての〈防災訓練〉ですね。


気もちにも状況にも、余裕がある時こそ

まずは試しにパーティに出たり、結婚相談所の無料コンサルを利用して、ゆるゆると婚活を始めてみる。

とりわけ、しっかりしたマリッジサロン(結婚相談所)は、今日申し込んで明日から!ではなく、身分証明の書類を揃えたり、きちんとしたプロフィール文章を作成したりと、準備にも時間をかけます。

だから人生ちょっと先回りして、起きるかもしれないことに備えて、ひと手間、時間を割きましょう。

「自分はこうだから…」と決めつけることなく、また「この先どうなるんだろう…」と漠然とした不安に振り回されることなく、今できることから、とにかくアクション!

その先に、思いがけないほど新しい、人生のステージが待っていますよ。

雲間から光