お見合い写真なのに子ども写真館?

コロナ禍いまだ予断を許さない状況です。

そんな時代に「結婚を」と望まれた男性会員さま。20代前半という早めのスタートです。「家族をもって、きちんと暮らし、成長していきたい」という誠実な気もちをお持ちでした。

そこで今回は、自由が丘の〈スタジオSTORY〉をおススメ。
実はここ、ネットで検索すると「子ども写真館」と出てきます。

紹介されているのは、「赤ちゃんの成長」を記念する写真。若い両親が子どもを囲む温かい「家族」の写真―そして「これからの家族の story を楽しみにしています」というスタジオのメッセージが素敵でした。

会員さまが、これから望んで築かれていく家族のある未来、それを今、暗示してくれる1枚を、このスタジオにお願いすることにしました。

家族の写真02

撮影は住宅街の一軒家スタジオで

カメラマンはとても明るくて元気をもらえる、宮城さんという女性。

結婚生活のイメージを伝えて「休日は近所を一緒に散策…」「出勤前の朝のひと時の感じを…」と言うと、臨機応変に「それでは外の緑道で撮りましょう」と頼もしいご対応です。

ちょっと緊張気味の会員さまですが、そこは子ども撮影のカメラマンならでは。いい笑顔を捉えて、次々にシャッターを切っていきます。

20200727 スタジオ・ストーリー
屋外撮影の後は、スタジオ撮影。マイホームの雰囲気いっぱいです。


婚活のポジティブスタートはプロの撮影から


最後に写真の仕上がりをチェックして、撮影は終了。

ご自身の納得のいくお写真は、婚活に向けての自信につながります。また撮影中に会員さまの「夢」を全員で共有していく―これがとても楽しい。

自分がどんな未来を描いているのか、そのイメージを表現するスタジオ選びは、とても重要です。

1枚のプロフィール写真の撮影から始まって、次は結ばれたお相手と二人で、そして赤ちゃんができたら三人で…

そんなふうに家族の写真をここでまた撮影できたらいいですね、と盛り上がりつつ、会員さまは結婚への第一歩を踏み出されました。

新たなストーリーの始まりです。

その気になれば04


関連サンマリブログはこちらから


サンマリHPはこちらから

オンライン無料コンサル実施中です。コロナに負けるな!