男性の平均初婚年齢という数字の罠

先日、無料コンサルでお話うかがった男性、30歳になられて「ちょっと遅いかもしれませんが…」とのこと、その謙虚さと前向きな姿勢で、きっとよいご縁に恵まれるのでは、と感じました。

男性の場合、30代なら遅くはないと考えがちですが…実はそうでもないことを、以前ブログで書きました。




男性の初婚平均年齢が「31.1歳」と聞くとつい「30からでも大丈夫」と思えてしまいます。※1 

しかしもう一つの数字、結婚に至るまでの交際期間は、これが平均で約「4年」※2 そして初婚男性の婚姻件数が最も多い年齢は「27歳」なんです。※3

こうしてみていくと、結婚に早めに動く人と・そうでない人との二極分化がみえてきそうです。


真剣に結婚を考える若い男性なら

お相手探しのシステムとして昔からある《結婚相談所》―なかなかに響きは昭和的ですが(^^; そこから「結婚できない人がいくのかな?」というイメージも抱かれがちです。

しかし結婚相談所は今や、コンピュータシステムによるデータ検索や、AIマッチングを採り入れる時代。

なので実は若い人ほど、抵抗感が少ないというのも、現場での実感です。SNS世代の20代は「まずはマッチングアプリを試してみました」という方も多い。

結婚できない、ではなく「結婚の可能性を広げたい」方の関心の高まりを感じます。

ファーストコンタクト - コピー

でもマッチングアプリは、お相手と直接のやりとり。なので「連絡が来なくなった」「相手の気持ちがよくわからなくて」で自然消滅、ということも、コンサルの現場で耳にしました。

このあたりのカバーは、やはりあわせて人を介する結婚相談所が、アナログ的な強さを発揮するところです。

加えて、日本結婚相談所連盟(サンテマリアージュ辻堂も加盟)の場合、20代では、女性の登録者数の方が、男性より多いため、お相手選びが、男性にはマッチングアプリより有利になります。※2021年1月現在

さらに、ご成婚会員で最も多いパターンは、活動期間が6カ月~7カ月程度。交際から結婚までの約4年という平均を大幅に下回っています。※4

20代なら、合コンに婚活パーティにと、経験を積むことはもちろんお勧めです。でもより早く結婚に至りたいなら、ぜひ選択肢の一つとして考えて欲しい。

追加03:調査イメージ
パートナー探しという人生の大きな選択には、迷いや不安を話せる相手がいると心強い。


生活圏での出会いが難しい現在

70年代ぐらいまでの日本映画やドラマでは、周囲が「結婚の世話焼き」をするシーンを、よく目にしました。

親戚縁者はもちろんのこと、職場の上司が「そろそろ身を固めないか?」と言ったり、兄が友人に「オレの妹どうだい?」だったり…そして現在。

兄弟姉妹の数も減って、職場では、結婚ネタの言動は、パワハラ・セクハラの観点から慎むべきことになりました。

「環境」が変化して、身近な人が結婚を段どることが、格段に少なくなった現代。さらに男性ばかりの職場なら、自覚して自主的に動かないと、結婚に至る時間は長くなりがちです。

人生は長いようでいて短い…いずれは結婚の気もちがあるのなら、タイミングを逸することなくお相手探しをして欲しい、まさに老婆心からの婚活サポート!と、50代の私は、ますますこう思うこの頃です。

お兄さんさん

※1  2015年の厚生労働省統計から 
※2  2010~14年成婚カップル調査から
※3  2018年の厚生労働省の人口動態調査をもとに、天野 馨南子氏(ニッセイ基礎研究所 )の指摘。2020年12月7日東洋経済オンライン記事より
※4  IBJ成婚白書(2019年度成婚者6,984名の分析より)







サンマリHPはこちらから
コロナに負けるな!オンライン無料コンサル実施中

もう一つのサンマリブログはこちらから